院長挨拶

院長 高橋 淳士

 2016年5月に開院し、3年半が経過しました。開院からたくさんの患者様に御来院頂きましたことに心から感謝申し上げます。また、多くの方々より暖かい励ましのお言葉やご支援、ご助言をいただきました。心から感謝申し上げます。

 旭川医科大学病院に15年間勤務し、診療と研究、教育を行ってきました。また、白内障、黄斑疾患、網膜硝子体疾患などにおける最先端医療に携わって参りました。​当院は、眼科専門医としての知識と経験を生かし、患者様に身近に寄り添い、時間をかけて向き合いたいとの思いから開院いたしました。

 画像診断と高度な手術治療を快適にご提供できる施設を目指しました。最新の診断機器と手術設備を備え、網膜や黄斑、緑内障などの難しい疾患の診断や治療、白内障手術や網膜硝子体手術を日帰りにて受けていただくことが可能です。加齢黄斑変性症や黄斑浮腫に対する硝子体注射なども迅速に受けて頂けます。また、先進医療である多焦点眼内レンズを用いた白内障手術も行っております。これらにより、失明に向かう患者様を救い、少しでも視機能が回復する医療を目指し、今後もさらに努力を続けて参ります。

 

 見える喜びと人生を左右する視覚を守ることが眼科医の使命です。これまで修得して参りました知識と技術、経験を活かし、患者様の診療に邁進しようと決意を新たにしております。満足して帰途に就いて頂けますよう地域医療に貢献するべく、熱意と志を高く持ち続けて全力で取り組んで参ります。

 

 今後とも皆様からのご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

医療法人社団 高志会  旭川たかはし眼科 

理事長 院長 高橋 淳士  

院長略歴

 国立旭川医科大学卒    医学博士

 日本眼科学会認定  眼科専門医 ・ 眼科指導医

 難病指定医(北海道) 

 光線力学療法(PDT)認定医

 旭川医科大学病院 眼科に15年間勤務し、

 診療、研究、教育に従事

 旭川医科大学病院 講師、外来医長、病棟医長、

 経営担当医長を歴任

 大学病院 専門外来担当医として難治症例を担当

黄斑疾患専門外来

 加齢黄斑変性、黄斑円孔、網膜前膜、等

糖尿病網膜症専門外来

 糖尿病網膜症・黄斑浮腫・硝子体出血、等

眼循環障害専門外来

 糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症、等

 白内障手術、網膜硝子体手術、網膜剥離復位術、

 等を執刀

 Ophthalmology誌、AJO誌、BJO誌、RETINA誌、

 日本眼科学会雑誌、日本の眼科、臨床眼科、等に

 臨床研究結果を掲載発表

 平成28年5月 旭川たかはし眼科 開院

 

      【 所属学会・医会 】

  日本眼科学会     日本眼科手術学会

  日本網膜硝子体学会  日本眼循環学会

  日本白内障屈折矯正手術学会

  日本眼科医会     北海道眼科医会

ロゴマーク

北海道旭川市から見える大雪山系と旭橋をイメージしました当院のオリジナルマークです。治療によって美しい景色を再び見て頂きたいとの願いを込めました。
〒078-8341 北海道 旭川市 東光1条2丁目1-2

TEL: 0166-37-0800   FAX: 0166-37-0801

© 2016 旭川たかはし眼科